世界最高のカジノ観光国はどこ?

オンラインカジノが誕生しトレンドとなっても、従来のランド型カジノに行くために世界を旅する人は後を絶ちません。海や国境を越え、新たなカジノ施設に足を踏み入れる人々もいます。実際のところ、巨大なカジノ複合施設は数多く存在します。カジノはもう薄暗い秘密の場所ではありません。今や贅沢なリゾート地となったカジノの選択肢は無限です。オンラインカジノがランド型カジノを完全に凌駕できない最大の理由はこれかもしれません。最近ではカジノ都市を建設し、観光客を呼び込もうとしている所もたくさんあります。また、公のギャンブル施設が毎日何千人もの人々を惹きつけている国々も世界には存在します。ここではそういったカジノ観光国をご紹介します。

アメリカ:ラスベガスの合法ギャンブル文化と優れた手法は世界的に有名であり、ラスベガスは「世界のギャンブルの首都」として知られています。旅行好きで年に一度はここを訪れる計画を立てている人も数多く存在します。ラスベガスはナイトクラブ、カジノ・リトリート施設、そしてそれに付随するリゾートから成り立っており、カジノビジネスはラスベガスの重要な財源となっています。ギャンブルで運試しをしようと、世界中の観光客がラスベガスにやって来ます。街中には104軒ものカジノ施設があり、まさにアメリカのギャンブルの中心地となっています。

シンガポール:シンガポールでは、カジノ・リトリート施設やベッティング・クラブといった核施設が増えてきています。2005年まで、シンガポールはギャンブルを禁止していました。しかし合法化されてからは、世界各国がカジノに制限を設けている中、シンガポールは有望なカジノ拠点となりました。シンガポールにはアジアでもトップレベルの活気あるカジノリゾートが数多くあるため、カジノ観光国としての投資価値が高まっています。

フランス:フランスには世界中にファンがいるカジノクラブが多くあり、これがフランスのカジノ基盤となっています。フランスではブラックジャックからポーカーまで、ありとあらゆるカジノが楽しめます。フランスのカジノの特徴は、その雰囲気です。首都パリには、トップレベルの華麗で精緻なギャンブルセンターやカジノリゾートがあります。

イギリス:イギリスの首都にも、国内最高級の素晴らしいカジノクラブが数多くあります。ロンドンは、特にカジノやギャンブル文化で有名というわけではありませんが、イギリスのビジネス界はカジノを通じて多くの現金を生み出しています。

中国:中国は、シンプルにカジノを楽しむ観光客を世界中から集める国としても有名です。中国にはグランドカジノが30軒あり、これがカジノ拠点となっています。きらびやかな電飾の下、所持金はあっという間になくなります。中国南岸部のマカオ特別行政区は、アジアでも傑出したカジノクラブのリトリート地となっています。

オンラインギャンブルがランド型カジノを凌駕できないのは、カジノ業界の高い適応力も理由のひとつでしょう。ランド型カジノは、暗く薄汚いギャンブル場という概念を大きく変え、豪華リゾート施設や目を見張る娯楽施設へと生まれ変わっているのです。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x